松翁・活稚鮎の天ぷら*


楽しみに伺いました♡
e0132881_10402852.jpg


お通しは生しらす。

ねっとりと、ほのかな苦み

大根おろし&針生姜にて

美味しい*
e0132881_10403438.jpg


数ある肴メニューにかなり迷いましたw

焼き蛤
e0132881_10403947.jpg


大粒、レア感残る見事な火入れ*
e0132881_10404462.jpg


生で喉を潤おした後は『ばくれん』を

十四代を始め お酒のラインナップも素敵♪
e0132881_10404859.jpg


香ばしく揚った海老の足はお塩で
e0132881_10405223.jpg


海老

レア感残る素敵な揚げ具合
e0132881_10405714.jpg


活稚鮎

せせらぎを泳ぐ様な素敵ビジュ♡

ほんのり苦くてホクホク 初夏のお味*
e0132881_1041146.jpg


茄子
e0132881_1041617.jpg


満願寺唐辛子
e0132881_10411151.jpg


トウモロコシ&アスパラ

トウモロコシはらりと解け、甘く香ばしく。軽い軽い♪
e0132881_10411654.jpg


2尾目の稚鮎
e0132881_10412074.jpg


ふわっふわの穴子

天ぷらは揚げたてを一つ一つ運んでくれます

ほぼお塩にて頂きましたが、天つゆも素敵なのです*

油切れもヨキ、素材を生かす素晴らしい火入れでした♡
e0132881_10412583.jpg


天ぷらの後は楽しみにしていたお蕎麦

おつゆのカヲリがこの上もなく香しく華やかなのです。
(2種より、濃い目にてお願い)
e0132881_10413144.jpg


まずはお蕎麦のみを。

冷たくきりっと〆られたお蕎麦の歯ごたえが素敵な事*

みずみずしくきりりとしたエッジが絶妙でした

華やかなおつゆとの相性も◎

無論ざるの裏底には一滴の水分もなく。

時間との勝負、無言にて頂きますw

美味♡
e0132881_10413677.jpg


〆は鉄瓶にての提供

アツアツとろんとろんのそば湯*
e0132881_1042869.jpg


帰る頃には水槽の稚鮎もまばらになっていました

皆さんコチラが目的だった模様。。

お蕎麦屋さんは季節を感じる場でもある事を始めて体感。

美味しかったなぁ〜再訪出来る日が楽しみです♡





*




松翁

東京都千代田区猿楽町2-1-7
03-3291-3529

JR 水道橋駅より 徒歩7分

都営地下鉄三田線・都営地下鉄新宿線
東京メトロ半蔵門線 神保町駅より 徒歩5分

月-金
11:30-15:30
17:00-20:00(L.o)

11:30-16:00(L.o)
日・祝日・年末年始・お盆/休み

テーブル席





稚鮎の天ぷら (稚鮎2匹、季節野菜)1600円
天ぷら蕎麦(海老、穴子、蕎麦)2350円

















[PR]
トラックバックURL : http://ciao2008.exblog.jp/tb/22082316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ciao2008 | 2014-06-05 12:00 | Trackback | Comments(0)