あれから半年。




今朝、
熊本市内では1分間の防災サイレンが鳴りました

前震(14日)、本震(16日)から半年。

また一つ節目を迎えました
c0345081_1362241.jpg


修復工事中だった立位の清正公さん像
(7/1撮影)
c0345081_1362873.jpg


修復は完了、元の御姿です
(10/1撮影)
c0345081_1371655.jpg


熊本市内の眺望
c0345081_1374140.jpg


熊本市内もまだブルーシートが目に入ります

地震、大雨、猛暑、中岳噴火

今年の熊本は本当に様々な事が起こりました

沢山の方々のご支援のもと

沢山の事が

一歩一歩ずつ進んでいます
c0345081_1382357.jpg


でも。

まだ手をつけられない現状が多々な事も事実。

公的支援を受けられない一部損の家屋や建物

文化財指定ではない神社仏閣等は

自力復興しなければならないのです。。
c0345081_138675.jpg


熊本城北側の市道京町1丁目宮内第1号線

8/1に終了した石垣崩壊防止工事

この道は私的にかなりの頻度にて利用しています
(10/1撮影)
c0345081_139816.jpg


御幸坂方面へ抜ける道

今は加藤神社、二の丸公園への利用道として

通行する事ができます
c0345081_1391855.jpg


熊本市役所古京町別館
c0345081_13103771.jpg


手つかずのままです
c0345081_13115146.jpg


熊本県内
震度1以上の揺れは4000回を超えていると言う事。

現在も避難所、仮設、見なし住宅で
避難生活が続いている多くの方々がいる事。

公費による家屋解体は全体の14.6%と言う事。

南阿蘇立野地区では未だ断水が続いていると言う事。

未だ時が止まったままの状態が続いている場所が
多くあると言う事。

沢山の事を忘れてはなりません。
c0345081_1312751.jpg


フェンスに貼られた写真にて

工事の過程を知る事が出来ます
c0345081_13125892.jpg

c0345081_13123873.jpg
c0345081_13122540.jpg


この近辺の塀は

様々な自然災害で被害を受けていますが

今回が一番ひどい。。なぎ倒し的です
c0345081_13131210.jpg


裏手は保管場所になっています
c0345081_1316243.jpg


道路に散乱していた石は全撤去されていますが

立ち入り禁止区域は当時のまま。
c0345081_13132864.jpg


残った石垣も正常な角度ではありません。

道の脇には土嚢が詰まれ

崩れていない石垣も

隙間があったり、

中身が膨張?している様に見えます
c0345081_13134216.jpg


本当。
ありえない状態。
c0345081_13144549.jpg


道路に散乱した築石、割栗石の一部は

三の丸第一駐車場に保管されています
c0345081_1314038.jpg


築石、一つの重さは様々ですが

100キロとも300キロとも。

一つ一つに番号を振り、保管されています

かなりの労力だった事と思います
c0345081_13151411.jpg


この道は〜

北方面への抜け道でもあります
c0345081_1316611.jpg


使えなかった頃のマチナカ朝夕渋滞

ホント凄かった。。

早期の復旧は本当にありがたい事です
c0345081_1315023.jpg


細川刑部邸

現在も閉館中です
c0345081_1314261.jpg


大好きな大銀杏は

地震後も変わらず見守ってくれています

自然は時に残酷ですが。。

日々癒しを与えてくれくれている事も

忘れてはなりません。
c0345081_13141456.jpg


6月から再開した熊本城のライトアップ

再開時は本当嬉しかった!
(10/6撮影)
c0345081_13155391.jpg


漆黒に浮かぶ熊本城、宇土櫓

しばらくは熊本城を見上げる事さえ苦しかった。。

でも今は心の支えとなっています

いつも見守ってくださってありがとうございます
c0345081_13154239.jpg


熊本市役所から
(7/5撮影)
c0345081_13215553.jpg


緑のアーム、準備段階の飯田丸
c0345081_13223947.jpg


本当よく耐えてくれました

今は緑のアームに支えられ

修復を待っている状態です
c0345081_13203313.jpg


熊本大神宮界隈

上部の石垣から崩壊したのですね。。

この界隈、

現在は必要最小限の復旧がなされています
c0345081_1322816.jpg


熊本城の被害の状況を

写真でも確認出来る様になっています


今だからやっと言える事。

今の熊本現状を沢山の方々に知って欲しい

復興して行く様々な姿を見て欲しいです
c0345081_13214585.jpg


解体直前の宇土市役所
c0345081_1321924.jpg


東日本大震災時には

沢山の物資がこちらからも発送されました

まさか。。
今回の地震で解体になってしまうなんて。。

当時、梱包しながら考える事もなかった事です。。
c0345081_13213269.jpg


本震後
近所の公園でラジオを聞きながら過ごした時間。

空には夜中にも関わらず多数のヘリが飛び、

朝まで何度も大きな揺れが襲い、本当に怖かった。。

阿蘇大橋が崩落した、、
阿蘇神社の楼門が崩落した、、、

信じられない多々のニュースを聞きながら

夜明けを待ちました

早朝の熊本市内を移動、裂けた道路、倒壊した建物。

信じられない姿の熊本城に愕然。

水、食料。数日間は確保する事だけで必死でした。。

最低3日は過ごせる水、食料は今後も備蓄を続けます

場所を取るからとかそんなの言ってられませんよ。

最終的には
自分達の身は自分達で守るしかありません。。
備蓄しましょう

地震保険に入りましょう
特に地震家財保険には絶対入るべきです
(火災保険に+単体でも加入出来ます)
罹災証明書、一部損では
なんの支援も受ける事が出来ません 自力復興です

テレビ、棚等
固定出来るものは固定しましょう
地震時様々なモノが飛んできます、
特に固定していないテレビは〜
小さなお子さんへの
恐ろしい凶器となります。。


今思い返すと思い出せない部分もあったり。。

涙腺はモロモロで余震で眠れず、
心折れそうだった。。

普段の生活がどれだけ幸せな事かと言う事。

普段の生活をする為には
日々沢山の方々の力があっての事と言う事。

様々な事に気づきと感謝を頂いた半年。

全国、世界中からの御支援
本当にありがとうございます!!

熊本県内は被害もなく元気な場所も沢山、

修復、移転リニューアル、

新規のお店も続々openしています

皆さんそれぞれに踏ん張っています!!

まだまだこれから。

熊本人の皆様、

一人一人の『できるしこ』続けて行きましょう!!



* * *



フレフレくまもと!
三百六十五歩のマーチ 熊本バージョン コチラから☆


阿蘇神社 Aso Shrine Official Channel コチラから☆


中岳の噴火後の情報が色々と耳に入って来ています

一番酷い事が全体で起こっている訳ではないです

阿蘇は広大なのです!!

元気に営業されてるお店や〜

変わらず癒しの時間をくれる場所も多々

近いうちに行こうと思っています!


手元の操作で何でも検索出来る時代です。

今の熊本の現状を発信し続け〜

知ってもらうツールを各所に保つ事は

今後の復興の力となる気がします。

阿蘇市役所 FBコチラから
Team ASO FB コチラから





[PR]
トラックバックURL : http://ciao2008.exblog.jp/tb/24718834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ciao2008 | 2016-10-14 20:00 | 熊本情報 | Trackback | Comments(0)