かつてお伊勢参りの旅人も歩いた旧参道街沿いには沢山のお店*

ぐるりと散策、楽しく美味しい時間でした☆
e0132881_195318.jpg


神恩太鼓

勇壮なステージ♪
e0132881_22105979.jpg


豚捨さん
e0132881_1943299.jpg


揚げたてのミンチカツ&串カツ
e0132881_195122.jpg


各所で見かけていたしめ縄は 通年かけられているそう

木札に入る言葉や飾りも様々

通称伊勢型と呼ばれています
e0132881_1952431.jpg


遷宮Ver.のお土産も沢山

今回の遷宮にて500億円以上の経済効果なのだとか

『お伊勢さんのおかげさま。』

どのお店も感謝の心を持って営業されてるそう

地域のブランドをしっかり表に出されています。

散策する方も財布のひもが緩んでしまうw

理想的な構造だあぁと思いました☆
e0132881_1953558.jpg


伊勢萬さん
e0132881_19542100.jpg


コチラではお酒を購入
e0132881_1955799.jpg


店内の角打にて
e0132881_1961996.jpg


おかげさま しぼりたて生 & 仕込み水を
e0132881_1962918.jpg


コチラは店舗内でしか頂けない限定酒*

キレの良い爽やかなお酒♡

仕込み水はすっとクリアー、氷も仕込み水を使っているそうです
e0132881_196893.jpg


ひもの塾さん
e0132881_1963519.jpg


店舗内にて焼きたての美味しい干物を試食*
e0132881_21532385.jpg


各種干物は地方発送出来ます
e0132881_1965011.jpg



念願のお伊勢参り。

また次回お参り出来る日を楽しみに〜

次の場所へと移動です☆
e0132881_196395.jpg





*



おはらい町・おかげ横町

三重県伊勢市宇治中之切町

JR・近鉄伊勢駅から三重交通バス内宮行 下車すぐ





[PR]
by ciao2008 | 2013-10-08 23:00 | 三重 | Trackback | Comments(0)


楽しみにしていた本店へ☆
e0132881_1111584.jpg


店頭の竃ではお茶用のお湯が薪で炊かれています
e0132881_1112516.jpg


先に支払いを済ませ〜
e0132881_110334.jpg


五十鈴川を望める縁側席へ
e0132881_1111486.jpg


お召し上がり盆(3個、お番茶付き)
e0132881_1113612.jpg


特有の形は五十鈴川のせせらぎをイメージ

白いお餅は川底の白石を表しています

出来立て〜格別のお味、美味*
e0132881_1113366.jpg


コチラは事前予約が必要との事
e0132881_1121939.jpg


毎月1日に販売される朔日餅
e0132881_1115041.jpg


店舗右手にずらりと列が出来るそう
(前日に整理券配布)

月変わりのお餅を手に入れるにはかなりハードルが高い模様。

一度食してみたい☆
e0132881_111598.jpg


本店の向かい手の別店舗
e0132881_1115385.jpg


コチラも楽しみにしていました♡

本店同様先払い、番号にて呼ばれるのでしばし待ちます
e0132881_1101836.jpg


夏季限定 赤福氷
e0132881_112321.jpg


しゃくしゃく氷に甘さ程良い上品な抹茶蜜*
e0132881_1124858.jpg


餡とお餅は氷仕様にて別々にinしています

トータルバランスも良く美味*
e0132881_1144180.jpg


前回大阪で頂いた時には気がつかなかったのですが〜

器は赤ふくの屋号入りでした♪
e0132881_10595782.jpg


今年の赤福氷の提供は終了〜

10月2日より赤福ぜんざいが提供されています




*



赤福本店

三重県伊勢市宇治中之切町26番地
0596-22-7000

05:00-17:00
(繁忙期時間変更有)
無休

御座敷席、別店舗はテーブル







地図はコチラ☆
[PR]
by ciao2008 | 2013-10-04 13:00 | 三重 | Trackback | Comments(2)


外宮、内宮を参拝後は〜
e0132881_20383252.jpg


レトロな雰囲気のおはらい町へ☆
e0132881_20391936.jpg


伺う予定の伊勢うどんのお店が休業日〜

第2候補のお店も営業時間には少し早過ぎた模様。。

と言う事で、ジャンルは違いますが 伊勢うどんも楽しめるこちらのお店へ☆
e0132881_2039387.jpg


店頭は良い香♡

いけす完備〜

新鮮な海の幸、松阪牛等を楽しめます*
e0132881_20395870.jpg


オーダーは食券制

自動オーダーになっているので〜

番号を呼ばれたらカウンターまで取りに行きます
e0132881_2142911.jpg


季節モノの岩牡蠣や焼き牡蠣、生牡蠣を提供されているとの事でしたが〜

この日はメニューにはなく。。

わかってはいたものの。ちょっぴりと言うか。かなり残念で涙

次回は是非寒い時期にお伊勢さんに来ようと心に決めましたw
e0132881_20393542.jpg


散策後の美味しい生ビール♡
e0132881_2040065.jpg


大アサリ醤油焼

お醤油の香ばしい香、肉厚ジューシー☆
e0132881_2040126.jpg


焼きうに
e0132881_20401074.jpg


活あわび 刺身
e0132881_20401776.jpg


水槽から活きたモノを捌いてくれます

提供後もむぎゅーーーっと動いていましたw

コリコリ食感、コク甘いーーっ♪

肝も雑味なし、産地等を伺っていないのですがコスパ的にも◎
e0132881_20394028.jpg


伊勢うどん
e0132881_20402866.jpg


ぐぐっと混ぜて頂きます☆

黒いお汁はダシが効いていてほのかに甘い

極太、アツアツ〜やわいおうどん。

最初はえっ???的な食感だったのですが〜

時間と共に麺とお汁が程よくしっとり馴染むのです*

次回は是非専門店をハシゴしたいなぁ♡
e0132881_2041148.jpg





*



鈴木水産 おはらい町 内宮前店

三重県伊勢市宇治中之切町87
0596-20-7701

10:00-17:00
無休

カウンター、テーブル

活あわび 刺身980円
伊勢うどん 480円
大あさり380円
焼うに390円



地図はコチラ☆
[PR]
by ciao2008 | 2013-10-03 15:00 | 三重 | Trackback | Comments(4)


外宮よりバスにての移動(15分程)



万物を育む太陽に例えられる

日本人の総氏神・天照大御神が鎮座する皇大神宮(内宮)へ
(今回のご来光は断念、次回は満室だった伊勢会館に宿泊したい願)
e0132881_12293833.jpg


内宮の聖域へと続く玄関口・宇治橋

俗界と聖界を隔てていると言われる101.8M

両端の2つの鳥居は内宮、外宮それぞれの旧正殿の棟持柱の古材を使用されています
e0132881_12294687.jpg


手入れの行き届いた松並木 神苑
e0132881_12302538.jpg


e0132881_12301660.jpg


e0132881_12304068.jpg


各鳥居をくぐる際は軽く会釈、右側通行です
e0132881_12304839.jpg


五十鈴川の御手洗場
(参道の手水舎の先 左手)

コチラで手を清めてから参拝するのが本来の作法だそう

川魚が泳ぐ冷たいお水でした〜紅葉の頃も素敵だろうなぁ
e0132881_12305264.jpg


e0132881_12304913.jpg


神楽殿
e0132881_123036100.jpg


新御所宮では屋根付きの通路の工事が行われていました
e0132881_12304250.jpg


参道には神宮杉の巨木

見上げてみると 神々しい光が降り注ぎなんとも言えない気が流れています
e0132881_1231885.jpg


遷宮には技術の継承の意味もあるのだそう
e0132881_12312046.jpg


人間国宝、一流技術者の方々2000人以上が携わるそうです
e0132881_1232762.jpg


御所宮正面 コチラは式典に使われるのでしょうか
e0132881_12305897.jpg


石段を設けた高台の上、最も神聖な場所へ
e0132881_1231488.jpg


御所宮

□御祭神□
天照大御神 
 
□御神徳□
皇室の御祖先の神 日本人の総氏神とも言われています    

一般の参賀は白絹の前まで

二拝二拍手一拝 静かに心を込めてお参りします
(写真撮影は石段の下からのみOKです)
e0132881_12314063.jpg



e0132881_12322843.jpg


神明造が間近で見る事が出来る

御稲御倉
e0132881_12315516.jpg


内宮の第一別宮・ 荒神宮
e0132881_12321557.jpg


天照大御神の荒御魂が祀られています

祭事も御正宮続いて行われます
e0132881_12324967.jpg


右手には新神宮
e0132881_12365626.jpg


新旧並ぶお姿を拝見出来るのは貴重な事
e0132881_12373427.jpg


島路川にかかる風日祈宮橋
e0132881_12373111.jpg


風日の宮
e0132881_13404299.jpg


毎月1日、11日、21日の朝には神馬が御正宮へお参りする

神馬けん参と言う儀式が行われているそう
e0132881_1238290.jpg


宇治橋の袂
e0132881_12375526.jpg


広大な敷地 今回は全部を巡る事が出来なかったのですが
e0132881_12374975.jpg


その他色々な儀式が行われているので次回はもう少し詳しく調べて参拝したいです

念願叶った初参拝、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました
e0132881_12382443.jpg


社殿を建て替えて繰り返し若返り

いつまでも変らぬ姿を保つ事で永遠を保つ

建物を建て替えたり飾り付けの品々を作る技術を次の世代に伝え後継者を

育てるための仕組み等色々な説がある式年遷宮
e0132881_123815100.jpg


内宮の遷御は本日10月2日20:00〜灯りを消された闇の中

神職の方々によってご神体の鏡を新しい社殿へ

豊受大神(外宮)の遷御は10月5日に行われます







[PR]
by ciao2008 | 2013-10-02 15:00 | 三重 | Trackback | Comments(2)


早朝の伊勢山田駅

大阪からは近鉄特急にて約1時間50分

今回はなんば駅より乗車、切符は窓口購入です
e0132881_23324657.jpg


タクシーにて外宮へ
e0132881_2333270.jpg


第62回式年遷宮の日程は→コチラから☆
(第62回式年遷宮の諸祭・行事は平成17年より進行中)
e0132881_23344373.jpg


e0132881_23353030.jpg


表参道よりの参拝
e0132881_23354727.jpg


神々しい朝の木漏れ日
e0132881_23355016.jpg


式年遷宮の御敷地では式典の準備が着々と進んでいました
e0132881_233517.jpg

e0132881_23354511.jpg


衣食住・産業の神

豊受大御神(外宮)

右手が現在、左手が新しい社殿
e0132881_2336195.jpg


遷宮を迎えるにあたって日々準備が進められます

新しい御建物が完成するまで約10年の歳月がかかるとの事

唯一神明造、弥生時代にまで遡る高床式穀倉のお姿は1300年に渡り続いています

20年。

私的な時の流れを感じながらの参拝です
(御社鳥居内は撮影禁止)
e0132881_23355337.jpg


各所にパワースポット等
e0132881_23361733.jpg

e0132881_23362778.jpg


別宮・風宮
e0132881_23373279.jpg


多賀宮、土宮、風宮の遷宮は完了

右手には祠が建てられていました
e0132881_23364692.jpg


2時間程の散策でしたが流れる空気に圧倒されてしまいました。。

もう少し散策したかったのですがバスにて内宮へ移動です
e0132881_23364414.jpg








[PR]
by ciao2008 | 2013-09-28 07:00 | 三重 | Trackback | Comments(0)