昨日は土用の丑の日でしたね☆

例年よりも過ごしやすい日々が続いていた熊本ですが〜

梅雨空けと共に夏本番。

あーつーいーw

先行的に伺ったのは超久々、懐味のお店♪
e0132881_243064.jpg


満席の店内、売り切れ御免のお店〜

専門店ならでわの潔いラインナップ。
e0132881_242344.jpg


美しい配膳も変わらず 嬉しい*

うなぎめし

ふわっと焼き上がった香ばしいうなぎちゃん〜

さっぱりとした脂、甘辛のさらりとしたキレ良きタレ。

セパレートならでわの贅沢 time♪

お食事には共に肝吸い、お漬け物、デザート付き
(変わらぬサイドも嬉しいw)
e0132881_241974.jpg


ツヤツヤのご飯はお櫃にて たっぷりの提供

〆は肝吸いまぶしにてw
e0132881_241425.jpg


お連れのうな丼(上)

コチラはご飯の中にもうなぎちゃんがinしてます☆
e0132881_24271.jpg


デザートはあまいスイカ♡

人気のお店、開店ダッシュをオススメします
e0132881_235614.jpg


食後は熊本の隠れ名所〜

北岡自然公園へ☆
e0132881_235184.jpg




c0345081_16095681.jpg


地図はコチラ☆
[PR]
by ciao2008 | 2014-07-30 07:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(2)


運良く並ばずに入店出来ました☆
e0132881_10504047.jpg


キニナルものは多々だったのですが〜

今回はコチラ☆

マンゴーパフェ
e0132881_10504662.jpg


トップには

美しいカットのジューシーマンゴー

& 濃厚かつ滑らかでキレの良いクリーム*

このクリームすごいな。

DNA的に引き継がれていると思われます
e0132881_1050543.jpg


程よい甘さのバニラ&爽やかなオレンジシャーベット

2種のアイスがめちゃ素敵*

濃厚ソース&ナタデココがアクセント的にin

印象的なパフェでした♪
e0132881_1051212.jpg


横目に気になったのがフルーツサンド。

美しいサーブでした☆

あのクリームなら間違いないと思いつつ〜

今回は割愛 涙。

サンドはテイクアウトも可能の様です




*




Fru-Full

東京都港区赤坂2-17-52 パラッツォ赤坂 1F
03-3583-2425

月〜金
11:00-19:30(L.o)
土日・祝日 
11:00-18:00(L.o)

月曜日
(月曜日が祝日の場合、翌火曜日)

カウンター、テーブル

最寄り駅
東京メトロ千代田線赤坂駅徒歩8分




地図はコチラ☆
[PR]
by ciao2008 | 2014-07-21 12:00 | 東京 | Trackback | Comments(0)



赤坂サカスBizタワー内、気になったお店にてランチ☆
e0132881_9521750.jpg


ランチメニュー

この他、コース料理もラインナップ
e0132881_9523391.jpg


前菜

サラダ、ピンチョス、タパスの盛り合わせ
e0132881_9524095.jpg


フィンガーフード的に頂けるピンチョスって楽しく頂けますね☆
e0132881_9524597.jpg


魚介のヨキカヲリと共にアツアツのサーブ

パエリアのパスタ版☆
(スペイン、カタルーニャ地方の名物料理)

フィデア
e0132881_9525193.jpg


表面はカリリと♪
e0132881_9525785.jpg


カッペリーニかな?

中はしっとりと美味しいエキスを吸ったパスタ

トマトとマヨ的ソースの酸味とのバランスもヨキでした♪
e0132881_953358.jpg


初めて見上げたTBS ♪
e0132881_9522727.jpg





*



MODERN Catalan SPANISH “Bikini”

東京都港区赤坂5-3-1-105-1
赤坂サカス内Bizタワー1F
03-5114-8500

11:00-15:00(L.o)
17:00-23:00(L.o 22:00)
(土日・祝は15:00-17:00も営業)
不定休

カウンター、テーブル

最寄り駅
地下鉄千代田線 赤坂駅 3a出口






フィデアランチ 税込1200円



地図はコチラ☆
[PR]
by ciao2008 | 2014-07-20 12:00 | 東京 | Trackback | Comments(0)


超久々、ドキドキ楽しみに伺いました☆
e0132881_14544537.jpg


まずは 生にて喉を潤します♪

この日はいつもとは違った構成にて 夏の肴ちゃんずを頂きました♡
e0132881_1454549.jpg


山芋そうめん

揚げたて太刀魚の美味しい事w

マリアジュー的にざっくり混ぜて頂きます☆
e0132881_1455153.jpg


シャクの唐揚げ

薄く纏った衣が香ばしさを一段と引き出してくれます

ダイレクトな素材感が素敵♡
e0132881_1455619.jpg


日本酒も素敵ラインナップ
e0132881_14551515.jpg


毎回勉強になります☆
e0132881_14551160.jpg


今回印象が強かった2種

天狗舞 山廃純米酒(石川 +4 純米)

淡色、濃厚な香りと酸味とのバランスが素敵*

ネーミング、程よい酸味的にも印象的だったのは

宮寒梅 特別純米 Mr' Summer Time(宮城+1 純米吟醸 限定)

目を引くラベルやネーミング〜

酒蔵さん、手法的にも新しい取り組みをされているのですね☆

この他数種類 おまかせにてお願いしました☆
e0132881_17422979.png


蛸の柔らか煮

サーブの段階で以前とは違うフルフル感を目視にて確認w
(あー・・この器ぁぁぁぁww)

ドツクのではなく。違った手法にて驚く柔らかさに。

吸盤と木の芽が素敵演出をしてくれます*

はぁ。美味しい*
e0132881_14552413.jpg


お椀

夏らしい演出

水前寺菜のシャキネバ感に新境地を感じました☆
e0132881_14552947.jpg


お願いしておいた岩牡蠣♡
e0132881_14553514.jpg


大分産との事。

特有のこりっと感。

ワンクッション置いて広がるクリーミーなあじわい*

オハツの岩牡蠣ちゃん、海と真牡蠣との関係 キニナリマスw
e0132881_14554037.jpg


お造り

どしりとした存在感のある器にまずは2種

熟成的な鯖、フレッシュなアオリ烏賊

フレッシュでも仕事次第でココまで良さを引き出せるのですね。

そう、引き出せるのです!!!!

うんうん、と頷きながら頂く。
e0132881_14554462.jpg


ほどなくしてポンポンと盛られた

金目、鯖

両熟成、炙りにてのじゅわりな変化球。

熟的な旨味が舌に染みます*
e0132881_14555181.jpg


熟 シマアジ

目からの情報だけで『旨い』がひしひしと伝わってくる。

しっとり。じわじわと舌に染みますw

大将のお造りは緻密な仕事が施されており どれも美味*

今回はまた違う境地を味わう事が出来ました♡
e0132881_14555545.jpg


焼き物

キンキの風干し、のどぐろの西京焼
e0132881_1456213.jpg


素材力を存分に引き出してあります

漂うカヲリが。。素敵過ぎるq

対比的なお仕事が並ぶ贅沢な一皿。

無論。

お酒がススミマスw
e0132881_14562764.jpg


肉厚アスパラ、イチジク トリュフ塩

季節の産物、間違いない♡

美味*
e0132881_14563769.jpg


お口直しにてさっぱりと♪
e0132881_14564826.jpg


メイン

シャラン産 鴨のロティ トリュフ添え

サイドの季節野菜も素敵♪
e0132881_14565892.jpg


ソースはブルーベリーとオレンジの爽やかソース、そして岩塩
(贅沢ですがこの日は私的に加減)

ロゼ色、絶妙の火入れは毎回の事。

サーブ前にスライスされたトリュフ*

シャランにたっぷりonの贅沢な一皿

んーーーー*

私的に大切にしている鼻を抜ける感、存分に楽しめました♡
e0132881_1457986.jpg


お食事

鮎の炊き込み御飯
e0132881_14572250.jpg


副産物の鮎せんべい
e0132881_14573399.jpg


贅沢な〆膳

昨年に引き続き頂けた事に感謝*
e0132881_14574247.jpg


デセール

シャーベット類がなぜにこんなにも濃厚なのか。

この日しっかり確認させて頂きました*

キウイ&フランボワーズのシャーベット絶品です♡
e0132881_14575487.jpg


『前衛と進化』

高まる思いを裏切る事なく 毎回驚きと学びに変えてくれます*

器も厳選的にコレクションが増えつつ 今後の演出も楽しみ♡

旬の恵みと楽しい時間に 感謝☆








ランチ、ディナー共にお早めのご予約をオススメします



*




e0132881_147497.jpg




*


移転されました☆


c0345081_2562910.jpg








地図はコチラ☆
[PR]
by ciao2008 | 2014-07-12 18:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)