藁焼ファイヤー*


超楽しみにしていたお店

念願の訪問です*

c0345081_01184924.jpg
メニュー

この他にも多彩なラインナップ

c0345081_01194709.jpg


日本酒メニュー

c0345081_01195200.jpg


お通しは柚子カヲル小松菜の白和え
&
すり身の揚げ物
(痛恨のブレにて画像は割愛)



呉豆腐

あつあつ*ねっちり感がヨキ*

山葵とお醤油にて楽しみます♪

c0345081_01204428.jpg


ポテサラ

好みのしっとり仕様*

半熟玉子はとろんとろん♪

c0345081_01204802.jpg


小長井産 生牡蠣

優しい磯の香が鼻を抜けて来ます

クリアーかつ旨味も◎*

私的に大好きな産地の牡蠣ちゃん*


ここ迄、個々で頂きやすい様に
分けての配膳でした 嬉しい配慮です*

c0345081_01205232.jpg

生ビで乾杯からの。

日本酒はオススメの 列 & 赤武 を

お猪口はその都度 数種類の中から

好きなものを選ぶ事が出来ます♪


c0345081_01205600.jpg


藁焼ファイヤーーーwww

c0345081_01215326.jpg


強烈インパクトのプレゼン後

サーブされたのは〜

お造りの盛り合わせ*

c0345081_01212882.jpg


地あなご、ヤリイカ、かつお

鯛、鮪、鰆

ツマにもきちりと手を入れてあります

どれも間違いなかった*

c0345081_01214737.jpg


鼻腔をくすぐる香ばしいカヲリ

インパクトあり過ぎなパフォーマンスにて。

忘れられないお造りになりましたwww

c0345081_02105987.jpg


目前で柵分けされた鮪も良かったなぁ*

c0345081_01213627.jpg

ツマに使われていた大根を
美味しく頂ける様にと〜

残ったツマを小さなお皿に移し
特製味噌を添えて出してくれた*

c0345081_01220045.jpg


鴨もも 朴葉焼*

c0345081_01220976.jpg


表面はすでに炙ってあります

くつくつ火入れをすると魅惑のカヲリが♡*

味噌を纏わせ葱とともに頂きます

美味*

残った味噌はお酒のアテにチビチビと。

日本酒泥棒です :)*

c0345081_01222221.jpg

目前でのお仕事に釘付け

鯖寿司*

c0345081_01222649.jpg


お吸い物付き

c0345081_01223288.jpg


肉厚しっとりの鯖ちゃん

美味しかったぁーーー♡*

c0345081_01223394.jpg


茗荷のシャーベット

c0345081_01223829.jpg

大将の軽快なトークにて
笑いの絶えないカウンター席
プレゼンもトークも楽し過ぎる*

軽快なトークをされつつも〜
間違いのないお仕事をされてます!!

ほぼ満席にも関わらず
目配りあるオペレーション

大将をサポートする
職人さんの動きにも無駄がない*

吟味された素材、素敵器。
軽やかに魔法をかけられ
スタンバイするお料理はどれもキラキラ*
横目に全てが気になりましたw


美味しかったなぁ〜楽しかったなぁ*


ハイ、惚れました♡*


また近いうちに伺いたいお店です*
c0345081_01224010.jpg

[PR]
by ciao2008 | 2017-03-20 12:01 | 福岡 | Trackback | Comments(0)

珈琲・no.2 ソナタ*


大名のとあるビルにて営業されてます
c0345081_00532389.jpg
色々と相談して

今回はno.2 ソナタ をお願いしました

豆の選別、挽きから始まります

器具を使わず手と石を利用してのネルドリップ

まるでお茶のお作法を拝見している様。。

静かな時間と優しい香り*

待つ時間が心地良過ぎた♡*

c0345081_00532131.jpg
出来上がった珈琲は

スッキリとした口当たり

飲んだ後に優しい余韻がふんわり*


コーヒーを飲むと

必ずお水が欲しくなるのですが〜

この日は欲さない!!

私的に苦手とするモノが追って来ない!!

美味しかったぁ。。♡*

c0345081_00531666.jpg


チーズケーキ

しっとりかつホドヨキ濃度

珈琲との相性◎*

c0345081_00531308.jpg


珈琲に関しては
経験値 低い方です。。

もしかしたら苦手と言う方が正しいかも。

少しずつお勉強したいな〜と
未知への扉を開けてくれた素敵なお店*

また伺います*
c0345081_00531024.jpg




[PR]
by ciao2008 | 2017-03-20 12:00 | 福岡 | Trackback | Comments(0)

だご汁御前*


ランチ時の訪問☆
c0345081_22134411.jpg

店内満席に近い状態

先に清算を済ませ、呼びブザーを受け取ります


だご汁御前@820
c0345081_22135512.jpg


『だご』とは小麦粉と少量の塩で練ったもの。

熊本弁で団子の事です
(他の意味合いで会話に使ったりしますがw)

形や仕様は様々ですが〜

コチラはオーソドックスな ちぎりだご

にっちり食感、郷土料理です*
c0345081_22140768.jpg

あつあつのだご汁にはたっぷりのお野菜

カボチャに里芋が良かったなー

家庭的な味付けもヨキ。

ポカポカになりました*

c0345081_22140181.jpg

アツアツ クリスピー唐揚げ

& 小鉢は切り干し大根

c0345081_22135719.jpg


お連れのだご汁@550 大 & いなり


c0345081_22134968.jpg

温泉に物産館、

温泉付きのおとまり施設 有

c0345081_22140813.jpg

川の透明度が印象的でした

夏場は気持ちよいだろうなぁ〜♪
c0345081_22141515.jpg



[PR]
by ciao2008 | 2017-03-20 00:01 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)

ランチ・カオマンガイ



一瞬通り過ぎてしまいましたw

住宅街にて営業されてます
c0345081_22153128.jpg

気になっていたモノを頂きに伺いました☆


まずはサラダから
c0345081_22154012.jpg
タイ産岩のりのスープ

この器可愛い*
c0345081_22154436.jpg

塩気が少々気になりましたが〜

特有の食感が楽しい

c0345081_22155069.jpg
カオマンガイ
c0345081_22155169.jpg

ご飯はタイ米

蒸し鶏、パクチー、口直しの胡瓜

タレはそこまで辛くないですが〜

全部はかけずに様子を見ながらが良いかと

c0345081_22155485.jpg

夜はバルメニューを提供されてます

次回はパッタイかな〜☆


c0345081_22155954.jpg



[PR]
by ciao2008 | 2017-03-20 00:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)


入り口のミモザが素敵だったなぁ〜

大好きなお店へ*

c0345081_10022312.jpg



この日はクラフトビールからの。

2種のvin nature 白を*

c0345081_10012428.jpg




富山産ホタルイカ 菜の花とカンキツ

美しい盛りつけに しばしうっとり*

c0345081_10013164.jpg



ぷっくり良い型のホタルイカちゃん*

ぷちんとミソが弾けます*

美味♡*

c0345081_10013670.jpg



紅芯大根、八朔、菜の花の黄色*

一番下には菜の花ちゃんがinしてます

八朔の酸味がドレッシングの役割も☆

サラダに柑橘使いって素敵*


c0345081_10015462.jpg


添えられるのは自家製柑橘パウダー


c0345081_10014983.jpg



春の苦みに酸味、コク、オイルと塩分

それぞれが相まって〜

主役のホタルイカちゃんを
引き立たせてくれてる。

&レモン色の黄身ちゃんを纏わせながら〜

幸せすぎる♡*


c0345081_10015827.jpg



長崎 サザエの
パクチーバターオリーブオイル

魅惑のカヲリ*


c0345081_10015908.jpg



ホドヨキ火入れの仰け反り系でした*

特有の雑味は一切なく

パクチーバターと内蔵が全体を繋げてくれてる。

一番最後にお楽しみがin☆

絶品ワイン泥棒デス :)*


c0345081_10020464.jpg



富山ホタルイカとあおさのリゾット


c0345081_10020732.jpg


ホドヨキ アルデンテ*

アオサと葱 椎茸

&パルミジャーノ、オリーブオイル


c0345081_10021395.jpg



ホタルイカとの相性間違いないw


c0345081_10021086.jpg


美味し過ぎたっ*


c0345081_10021710.jpg

ミニマムキッチンから繰り広げられる

独自の世界観に毎回うっとり*


お一人で切り盛りされてます

時間を気にせず
ゆるりと楽しんでもらいたいお店*


c0345081_8123869.jpg




[PR]
by ciao2008 | 2017-03-18 16:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)

ニラたっぷり餃子


賑やかな店内

夜の部へ☆
c0345081_13300750.jpg

メニュー
c0345081_09242690.jpg
c0345081_10285250.jpg


名物的な餃子をお願い〜

& 白岳水割りを♪

c0345081_13295043.jpg

酢醤油に柚子胡椒を添えて
c0345081_13295845.jpg
厚めの皮は 独特食感

もっちり、かりっ*
c0345081_13300053.jpg
にらがたっぷりとin

お肉は控えめのヘルシー餡〜

サクサク頂ける餃子です♪
c0345081_13300330.jpg

c0345081_13301339.jpg



[PR]
by ciao2008 | 2017-03-18 13:00 | 宇城・八代・人吉 | Trackback | Comments(0)


道の駅にて案内図を頂いてからの移動
c0345081_12323358.jpg


スタートは32番所

新宮寺さんから*
c0345081_12323801.jpg


六観音を拝観


この時期は普段閉じられている

札所を含め全ての観音堂が開放されます
c0345081_12325682.jpg



お洒落なテントでご接待されていました
c0345081_12330005.jpg



十九番所 内山観音
c0345081_12332064.jpg

c0345081_12343578.jpg



二度の火災にみまわれたそう

現在の十一面千手観音菩薩像は

平成8年に奉納されたもの
c0345081_12331565.jpg
c0345081_12343617.jpg



素敵なお母様方に接待をして頂きました

お煮染めに金時豆に、美味し過ぎる♡

お話もかなり弾んで長居してしまいました♪


帰る前に 籠の中に心付けを忘れずに
c0345081_12332897.jpg
c0345081_12344200.jpg



一番所 清水観音

c0345081_12340178.jpg
c0345081_12333441.jpg



巡礼グッズも並んでました
c0345081_12340066.jpg


人吉城内の鬼門から明治頃願政成寺に移転

慶長8年に京都の清水寺から

清水観音を勧請した為 清水観音と呼ばれる
c0345081_12331565.jpg



コチラでも素敵なご接待を受けました

お寺の維持管理は地域に根付いたもの


歴史を紐解くと米焼酎にも関係してきます

奥深いなぁ。。

c0345081_12341036.jpg



冬の新宮寺さん
c0345081_12341930.jpg




コチラは私的にパワースポットだと思ってます
c0345081_12342211.jpg



紅葉にはギリギリ的に間に合いましたが〜
c0345081_12340666.jpg



次回はしっかり時期を見て伺います*
c0345081_12342744.jpg

お彼岸時だけの一斉開張
秋は一週間。
春は一日。


今年は3/20、9/20〜26です


是非*

c0345081_12344652.jpg






人吉城跡へ

お堀の水面にうっとり*
c0345081_12363619.jpg



真っ赤な紅葉が待っててくれました*
c0345081_12364102.jpg



子供達がすれ違う度に

大きな声で挨拶してくれるの☆
c0345081_12364764.jpg


皆の笑顔、めっちゃ良かった!!

c0345081_12364464.jpg

春夏秋冬 様々な顔を見せてくれる人吉

独特の時間流れる 奥深い九州の小京都。

これから 桜、新緑と素敵な時期が続きます*

SL人吉、
D&S列車かわせみやませみを利用しての

素敵車窓の旅もオススメです☆

c0345081_12365029.jpg













[PR]
by ciao2008 | 2017-03-16 18:00 | 宇城・八代・人吉 | Trackback | Comments(0)


い・ち・ご。

始まってます♡*
c0345081_12243780.jpg
メニュー
c0345081_12244322.jpg
c0345081_12244897.jpg


いちごパフェ*

熊本産いちご、威力爆発系w

全てピカピカの完熟系です :)*

c0345081_12250878.jpg

トップから*

ホワイトチョコクリームに〜

粒ピスタチオが素敵アクセント♪

余韻ヨキないちごちゃん。

きゅんきゅん*しながら頂きました


c0345081_12252850.jpg

サイドからの素敵層♡*

濃厚クリーム・いちごアイス

いちご・ピスタチオアイス

クリーム・さくさくグラノーラ

熊本ワインとイチゴのコンフィチュール


c0345081_12250110.jpg

特筆すべきは いちごのアイスっ!!

相当な量のいちごを使われていると思われますw

超極濃*

ホワイトチョコクリームとの相性◎*

ピスタチオアイスの香ばしさ〜

グラノーラの軽い食感、

コンフィチュールの軽い酸味。

私的にパーフェクトなパフェ :)*

最初は個々に頂き、終盤はmix的に〜

美味し過ぎたっ♡*

c0345081_12253599.jpg



ジャミントン
c0345081_12270555.jpg

ふわふのスポンジに柔らかビターチョコ

オリジナル的に〜

みはや という柑橘を使ったジャムがin

乾燥ココナッツでぎゅぎゅっとコーティングされてます

Oz&Nz発の伝統的Sweets*
色んな事 思い出しながら頂きました☆

c0345081_12252165.jpg

パフェに使われてたコンフィチュールは〜

熊本ワインとのコラボ*

いちごオンリーは今月中には店頭に並ぶ様です
c0345081_12254927.jpg


熊本素材の良さを
丁寧に引き出してくれているお店*

感動的なパフェでした*

c0345081_12274617.jpg



[PR]
by ciao2008 | 2017-03-10 15:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)



かなり久々に伺いました*

前面に広がる大楠の緑が素敵なの♡*

お昼は厳選されたsweetsを楽しむcafeとして

営業されてます♪

c0345081_21415194.jpg

メニュー

少し前に苺のタルトを見かけていたのですが〜

終了したとの事。。残念。。

c0345081_21415085.jpg



レモンのタルト
&
ダージリンティー
c0345081_21460800.jpg

メレンゲはしゅわっ。ツノ部分はさくっ*

レモンカードは丸みのある 優しい酸味*

タルト生地はさっくり。

トータルバランスが素敵っ♡

紅茶との相性もヨキ♪

色んな意味でプレミア的なタルト。
久々に頂けて嬉しかったー*

c0345081_21461386.jpg


夜はがらりと表情が変わり

日本酒、焼酎を中心に〜

しっとりヲトナの和時間を過ごせます♪

c0345081_22460177.jpg






[PR]
by ciao2008 | 2017-03-07 23:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)

懐味・うな丼 上*



入れ替わり立ち代わりの満席の店内

私的に懐味のお店 久々に伺いました*
c0345081_14053118.jpg


メニュー

接客も心地よいお店です*

c0345081_14063091.jpg



約15分程にて提供されます

うな丼 上
c0345081_16070948.jpg


肝吸い、お漬け物、フルーツ付き


素材一つ一つを吟味されてます。
& 変わらぬ丁寧なお仕事*
c0345081_16080983.jpg


ご飯がおいしいので。

まずはタレが浸食する前に
白ご飯の部分を楽しみます♪


鰻は上品でキレの良い脂*

甘めのタレと抜群にマッチします*

しっとり香旨☆

タレの染みたご飯と一緒にほうばる。

美味*


c0345081_16090180.jpg




ご飯の中にも鰻ちゃんがinしてます

コチラはご飯に蒸された感じで

より一層 しっとりと頂けます♪


c0345081_16091556.jpg


丁寧なお漬け物

どれも雑味がない*
c0345081_16093988.jpg


大きな肝も雑味無し

若布の緑もヨキ

あっさりとした仕上がりです☆
c0345081_16094912.jpg


季節の果物は

熊本産の大きな苺ちゃん

きゅんと甘く ベストな状態*

毎回食べごろの果物も楽しみでした*

c0345081_16094584.jpg



この日は感慨深く
一口一口が染みました。。

日にちはまだ確定してませんが
今月なのか。。来月なのか。。
閉店されるそうです。。涙

懐味のお店がなくなるのは
本当に寂しい事です。。涙

私的にもう一度は伺いたいなぁ。。


今まで沢山の美味しい時間〜
ありがとうございました!!

c0345081_16095681.jpg




[PR]
by ciao2008 | 2017-03-02 12:00 | 熊本グルメ | Trackback | Comments(0)