古代山城・夕日 to 赤米*


何とも半端な時間に出発w

久々のメロンドームにて

季節限定の栗ソフトde ブレイクtime〜

こっくり秋味♪


e0132881_17085570.jpg


特有のカヲリ*

稲穂も良い感じですねー♪

新米が出たら七城米、買いに来ます♡*


e0132881_17090650.jpg


鞠智城のシンボル
八角形鼓楼
(復元)


e0132881_17091319.jpg



秋の雲ですが〜

蝉がわしわし鳴いてましたw

& 強烈な夕刻残暑にてお連れはダウン汗



e0132881_17094719.jpg


平成16年2月27日に国史跡に指定

7世紀後半 大和朝廷が築いた山城です


e0132881_17093425.jpg


恥ずかしながら歴史的背景は
ほぼわかりません。。

ちょっとお勉強してみようと思います☆


e0132881_17092366.jpg


横断歩道渡った向こう側の上

赤米が植えてあります
(急坂を上ります スニーカーの準備を)



e0132881_17095182.jpg


赤米の稲穂


e0132881_17094361.jpg


奇麗*

e0132881_17093757.jpg


右手には普通の稲穂?かな

コントラストも素敵*


e0132881_17095819.jpg


八角形鼓楼とのコラボ


e0132881_17095506.jpg



しばしうっとり♡*



e0132881_17100255.jpg


今後稲穂は黒へと変化し〜

収穫を迎えるそう*

もう少し楽しめそうです♪
(2017/9/3撮影)

もっちり赤米、大好き*

コチラも出回る頃買いに来ます☆


e0132881_17100660.jpg






[PR]
by ciao2008 | 2017-09-09 18:00 | 阿蘇・山都・菊池・山鹿・玉名 | Trackback | Comments(0)

Happy Blue Bee*

【阿蘇地域 アクセスルートマップ】
・各ICからのアクセス付き
・車載ナビやスマホナビを利用する前に
是非目を通して下さい↓↓↓
* 2017/8/27現在コチラから*

国道57号線立野から南阿蘇へ
長陽大橋ルート2017/8/27開通

感謝*






開通ちょっと前の訪問
界隈 慌ただしく車両が出入り

この日は〜
Blue Beeに会いに来ました

c0345081_12085935.jpg



電話で確認はしていたものの。

雨がパラパラと。。

うーん、大丈夫かな。。



c0345081_12092466.jpg



今回は展示よりも先にお庭へ*

丘下は もやがかかって幻想的*




c0345081_12095079.jpg



左手、観賞用のバジルです。


どきどき。



c0345081_12095575.jpg


!!!

いたっ:)*

まずは一匹!!

↓探してみて下さいw



c0345081_12100040.jpg


そぉーっと寄ってみます♪



c0345081_12102196.jpg


人には興味がない??
(良かった。。w)
人に慣れてる??
1度も向かって来る事はありませんでした
(ほっ。。w)


鮮やかなブルーストライプ*
苦手な虫ちゃんを見て
美しいと思ったのは初めて*

このお花が大好きなのね、

どこかへ飛んで行ってもまた戻ってくる*



c0345081_12102439.jpg


しばらくすると。。

二匹目、三匹目。。!!!

この日は三匹確認する事が出来ましたっ!!

Happy*


c0345081_12102777.jpg



動きの早い働き者*

同時に収める事は出来ませんでしたが〜

お天気下り坂だったのに会えて嬉しかった☆

ありがとう*


お天気、温度に左右される様

9月中 暑い日には会える??

訪園前に電話での問い合わせをオススメします*



c0345081_12103172.jpg


絵本展もしっかり鑑賞

今回も素敵な時間を過ごす事が出来ました*

来年は産山で会えたら良いなぁ♡*



c0345081_12103829.jpg



白川水源まで足を伸ばしてみたのですが

雨が降り出しこの日は割愛

午後ティーのCM→コチラから☆

「おちつけ、恋心。」編のロケ地となってます*

湧水は持ち帰り出来るので
ペットボトル等の持参をオススメ*

空高い日にまた来よう☆


c0345081_12104264.jpg










[PR]
by ciao2008 | 2017-09-06 00:00 | 阿蘇・山都・菊池・山鹿・玉名 | Trackback | Comments(0)